FXの取引で、妙味をもたせる方法としては、

3月 1
Posted by

FXの取引で、妙味をもたせる方法としては、

FXの取り引きというのは、例えば、単純に1ドルを100円で買い、暫くして円安になり130円になったとして、その時点で1ドルを売ったとすると、30円の儲けになります。
このように、外国の通貨をその時点の為替相場で売ったり買ったりを専門的に行い、それに伴って利益(損失も出ます)を出したりする行為を、専門用語でFX、若しくはFX取引と言います。

でも、通常は為替相場、通貨の変動というのは、そんなに大きく変動するものではありません。 従って、此のももの取引では全く妙味のないものになります。
実は、FX取引の面白い所(実は、面白くない時も有りますが)は、預け資金に対して何十倍(現在は決められた制限があります)もの取引が出来る事で、これによって妙味が発生する事です。

FXの最大の特長というのは、株式や債券などは所謂、直接数量の取引になりますが、FXはやや違って手元の資金(証拠金とか担保とも言う)を数倍もに活用して、金額の取引ができるという利点・メリットもあるのです。 
これを専門用語でレバレッジといって、一つの取引手法として使えることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です